口コミ評判

アボダーム(ドッグフード)口コミ評判!評価がバラバラだけど本当はどうなの?

ドッグフードでどれがいい?そんな質問をしたら、真っ先に出てくるのがアボダーム。この記事では、当サイトが独自に集めた口コミやネットの口コミを含めた総括。

そして、多くのシリーズがあるアボダームで選ぶべきドッグフードをまとめてあります。アボダームについて詳しく知るためにきたのなら、最後まで目を通して損はありませんよ!

アボダームシリーズの口コミ評判を一言で表すと?

多くの愛犬が星5点満点方式で採点すると、4か5を付けるドッグフード。悪い口コミは本当に肉類の素材をこだわったり、相性が合わない人がしている。

 

良い口コミ評判

  • オーブンベイクドのおかげかドッグフード特有のニオイが少なめ。
  • 評価サイトでは普通~チョイ悪くらいだけど、我が家の愛犬は皮膚トラブルに悩まされなくなった。
  • 皮膚トラブルは思っていたより解決していないが、ウンチの匂いは前より収まった気がする。

 

悪い口コミ評判

  • 良い口コミほど目に見えて変化が感じられなかった
  • 中の粒が塊になってしまっていた。購入場所が悪かったのもあるのかも?
  • 個人ブログで涙やけに良い、と紹介され買ったが思っていたより収まらなかった。
  • シリーズ次第だがコスパに対する費用効果は悪い気がする。原材料ももう少し・・・と思う。

 

口コミ評判のまとめ

ネットの口コミサイト、当サイトが独自で集めた口コミ、個人ブログ(アメブロなど)を総括しても良い口コミが大半を占めています。

反面、悪い口コミが少ないので強烈な印象を残すことに。個人ブログで紹介されて、涙やけが収まると思って買ったけど、何一つ意味がなかった。

 

このような意見も寄せられました。これは、めぐり合わせが悪かったのもあるので、難しい話ですよね。フードの相性という点では、この方は運が悪かった。

そして、たまたま運の悪いドッグフードがアボダームだった、という形です。あとは、原材料にこだわる人からは、コスパの割に費用効果が悪いことを教えていただきました。

費用効果が悪いと感じた人は「肉類のミールがイヤ」と言っていましたね。アボダームくらいのレベルなら、生肉を使って欲しい。このような意見もいただいたのが印象的ですね。

 

アボダームのおすすめポイントと気になることを一言で表すと?

皮膚関連に強く、プレミアムフードによくある大容量タイプまで完備し、犬が求める栄養素を素材から上手く引き出している。反面、素材にこだわりは強く感じられない。

 

おすすめできるつのポイント!

  1. 皮膚トラブル関連に強い!
  2. 3つのシリーズ・全15種類から選べる
  3. 大容量タイプもあり、中型~大型犬の飼い主にも配慮
  4. チコリー根や海藻による整腸作用がある(シリーズ次第で配合なし)
  5. グレインフリーは肥満犬にピッタリ!
  6. 高温処理をしないので栄養素が壊れにくい
  7. 全般的に購入しやすい価格

 

気になるつのポイント!

  1. 肉類にミールを使っている
  2. 購入は通販か大型ペットショップに限られる
  3. 安いアボダームは並行輸入品のリスクあり
  4. アレルゲン対策のドッグフードは実質皆無
  5. 一部シニア向けに穀物の利用が目立つ
  6. ビートパルプが入っている

 

おすすめと気になるポイントを詳しく!

皮膚トラブル対策のドッグフードとして最有力候補。アボカドは100g当たり3.0g以上のビタミンEを含んでいます。ビタミンE効果により皮膚トラブル解決に一歩近づきます。

注意点として、皮膚トラブルやアレルギーは治りません。次に種類が豊富なこともメリット。パピー~シニア向けまで好きなドッグフードを選べます。

複数種類を展開しているメーカーとしては珍しいグレインフリーも完備。別のアボダームからスイッチする場合は、食べてくれるならスムーズに移行できます。

 

一方、シリーズによっては穀物の利用も目立ちます。通常シリーズのライトは玄米→玄米粉→チキンの順番で表示。先頭ほど使用量が多くなることに注意してください。

犬の肥満も糖質の過剰摂取が原因です。それなのに、穀物を多くを摂らせるライトはおかしいです。また、通常シリーズのシニア向けではタンパク質量が20.0%以上。

基準はクリアしていますが、低めに見えてしまいます。購入するシリーズの原材料・原材料の順番・栄養成分に気を付けないと、あとで痛い目を見てしまうこともあります。

 

選ぶならどれが一番おすすめなの?

  1. 通常版:ジョイントヘルス
  2. スモールブリード:ターキー
  3. リボルビングメニュー:トラウト

以上の3種類から1つだけ選び出してみました。(パピー類は除く)それぞれを選んだ理由を下で1つずつ、あなたに説明していきますね!

 

通常版で一番のおすすめがジョイントヘルスな理由

  1. グレインフリー
  2. 全シリーズを通して最も粗タンパク質が高い
  3. ダイエット犬・シニア犬の両方に食べさせられる
  4. 粗脂肪が低めなので食べすぎても下痢になりにくい

粗タンパク質30.0%以上、粗脂肪12.0%に目が行きます。全アボダームシリーズの中で最も粗タンパク質が高く、粗脂肪も3番目に低い

まさにダイエット&シニア向けフードとは、ジョイントヘルスと表現しても良いでしょう。特化している作りなので、使っている原材料には限りがあるのが難点。

 

他のシリーズでは入っている乾燥チコリー根と海藻が入っていないんです。そのため、腸内環境に心配があるのなら一緒に乳酸菌サプリを取り入れたりする必要あり

それでも、通常版の中では頭一つ飛び抜けている性能をしているのは間違いありません。

 

スモールブリードで一番のおすすめがターキーな理由

  1. グレインフリー
  2. 小型犬向けに特化した作り
  3. 粗タンパク質・粗脂肪のバランスはシリーズイチ

同じグレインフリーのラムよりターキーを推薦したのは、粗タンパク質と粗脂肪の多さです。「粗タンパク質・粗脂肪が多い=粗炭水化物が少なくなる」からですね!

ターキーはスモールブリードと、リボルビングメニューがあります。似ているようで少しだけ違いますので、大きく違っている点だけを抜き出してみましょう。

スモールブリード リボルビングメニュー
粗繊維 4.0%以下 6.0%以下
サーモンオイル ×
タピオカ粉 ×

以上のような違いがあります。とくにサーモンオイルのあり・なしは感情的に大きい部分がありますね。サーモンオイルを気にしないなら、ショップで安いほうを購入するのでOKです。

 

リボルビングメニューで一番のおすすめがトラウトな理由

  1. グレインフリー
  2. 3種の中で粗タンパク質28.0%は一番豊富
  3. サーモンミールによるアスタキサンチンの供給
  4. マス・サーモン以外にサーモンオイルによるEPA/DPAの供給
  5. キャノーラ油も含み、オメガ3&6脂肪酸に一番気を使っている

シリーズの中で一番粗タンパク質が豊富で、オメガ3&6脂肪酸にも配慮されています。サーモンミールも唯一使われいる点も見逃せません。アスタキサンチンが豊富ですからね。

 

アスタキサンチンは美容業界でも注目される超重要成分です。リボルビングメニューシリーズ全てに当てはまりますが、チコリー根と海藻が入っています。

水溶性・不水溶性食物繊維をバランス良く持っており、犬の腸を整える働きに一役買ってくれます。

 

アボダームの全シリーズから1つだけ選ぶとしたら?

チキンアレルギー以外ならジョイントヘルスを選ぶのが一番ですね。乾燥チコリー根・海藻による整腸作用は期待できませんが、これは飼い主側で対策が立てられます。

価格に目を当てれば、ジョイントヘルスは1kg当たり1,500円前後。高めな値段のプレミアムフードとしては、購入に手が届く範囲で収まっている点も見逃せません。

他の2シリーズでオススメした商品は、どちらも1kg当たり2,000円を超えますからね。こういった事情から、1つだけ選ぶならジョイントヘルスがおすすめです。

 

まとめと総合評価

  • 星5満点評価なら星4~5が多数
  • 良いドッグフードだが合う/合わないはある
  • 食べ物による皮膚トラブル対策は最有力候補
  • 購入するなら穀物不使用のグレインフリー
  • 購入はジョイントヘルスがおすすめ

以上の5つが最後のまとめとなります。評価に関して触れれば、ドッグフード選びで困ったらまずはアボダームを購入してみる。この認識を持てば良いです。

アボダームが合わないと感じたら、次のドッグフード。または、手作り食の道へ進むことになるでしょう。それくらい、ここで取り上げたアボダームのドッグフードは良い物です。

購入を考えていたのであれば、ぜひ購入してみて下さい。

 

アボダームに使われている素材+ミール不使用を求めるなら

もし、あなたが素材にまでこだわるのであれば、こちらのモグワンがおすすめです。アボダームシリーズと同じ原材料、かつミール不使用で生肉を使っています。

アボガドは使っていませんが、代わりに欧米で普及しているココナッツオイルを採用。またアボダームでは入ったり、入ってないサーモンオイルも入っています。

100円100gで気軽に参加できるモニターもあります。ぜひ、一度試してみてはいかがでしょうか?

モグワン100円モニターに参加はコチラから

モグワンドッグフード
Butchトライアル