口コミ評判

ビタワン(もっちりふっくら)の口コミ評判!意外な高評価の裏に隠れたリスク

町中でよく見かけるドッグフードのビタワンシリーズにあるもっちりふっくら。高評価が多いですが、その裏に隠れているものを見ていく必要があります。

一体、ビタワンはどんなドッグフードなのか。口コミと共に1つずつスポットライトを当てて見ていきましょう。

 

ビタワン(もっちりふっくら)の口コミ評判の簡単な概要

柔らかく小分けになっていて、食べさせやすい。ただし、歯石が付きやすく歯磨きや定期メンテナンス必須。

 

良い部分の口コミ評判

  • 少食派にとって小分けは使いやすくて助かる
  • ドッグフード特有の匂いのキツさが少なくて扱いやすい
  • 食べさせ続けていたら気持ち体臭が減った気がする
  • 歯が抜けた犬には食べさせやすい

 

悪い部分の口コミ評判

  • 食べてくれなかった
  • 柔らかいので歯石が付きやすい。食後の歯磨き・定期メンテナンスが必須

 

口コミ評判のまとめ

あとで触れますが原材料の割に良い口コミが多い商品です。意外と悪い口コミが少ない。ただ、これは悪い口コミをする人が少ないこともあるでしょう。

ゲームのような過激なレビュー合戦になりにくいですからね、一般的な商品は。さて、話をビタワンへ戻しましょう!良い点・悪い点ともによく見るのですが、匂いがキーポイント。

 

匂いがキツくないのは人間に嬉しいですが、犬にとっては嬉しくない要素。しかも、原材料には香料も入っているので、素材由来の匂いが少ないことが予想されます。

また、正直に言うとビタワンのような低価格帯を食べさせる飼い主は犬の知識、理解なんてあって無いようなものです。

 

食べてくれるのは確かに大事なこと。しかし、それ以上に大切なのは愛犬に日々の栄養をしっかり摂ってもらうことではないでしょうか?

そう考えると、あまり口コミとしては良い物が集まっているとは思えませんね。

 

ビタワン(もっちりふっくら)のおすすめポイントと気になること

3つのメリットと4つのデメリットが有り、デメリットはなかな強力なものが揃っています。

 

おすすめできる3つのポイント!

  • 袋の中でさらに80gの袋で小分け型の管理
  • 30%前後の水分により食事時の犬の水分不足をガード
  • お求めやすい価格帯

 

気になる4つのポイント!

  • 肉類の原材料表記が3番目
  • オメガ3脂肪酸の表記が無い
  • 着色料・香料・保存料入り
  • ショ糖が無駄に入っている

 

おすすめと気になるポイントのまとめ

おすすめについては多く語る部分がありません。一方、気になるポイントは盛りだくさん。まず、犬にとって理想的な栄養バランスに作られていません。(栄養数値は満たしています)

なぜなら、肉類のラベル表記が3番目にあるからです。ビタワンに含まれているタンパク質の多くは穀物由来。植物性タンパク質は吸収力も低く、犬のメインタンパク質源としては不向きです。

 

不要じゃありませんが、積極的に食べさせるメイン食材ではありません。しかし、ビタワン(もっちりふっくら)では穀物→大豆タンパクと続いています。

また、オメガ3脂肪酸の表記もされていないので、皮膚関連は一切フォローされていません。さらに、着色料・保存料・香料が付け加えられている点も触れる必要がありますね。

 

着色料に関しては人間である私たちに美味しそうに見せるため。犬は白黒の世界しか見えていませんし、香料は見かけの食いつきを良くするため。そして、保存料は腐らせないためです。

しかも、保存料は安全と言われていますがヨーロッパでは制限されている「デヒドロ酢酸ナトリウム」が入っているので、好ましくありません。

 

そして、最後にショ糖が曲者。ショ糖の甘さにより、本来は単独で入れる不要ですが入っています。ショ糖は犬の食性に中毒性をもたらすものです。

もっと食べたいと思わせるような物と考えてみてください。明らかに不要なものだと思いますよね。しかも、ショ糖はタンパク質や脂質と違ってエネルギーとしてしか使えません

余れば脂肪となり、取りすぎれば最終的には糖尿病などの生活習慣病にも影響してきます

 

ビタワン(もっちりふっくら)を選ぶならどれが一番おすすめなの?

  • チキン・ビーフ・野菜入り
  • ビーフ・小魚・緑黄色野菜
  • 低脂肪ささみ・小魚・緑黄色野菜
  • 8歳以上チキン・野菜入り
  • 11歳以上チキン・野菜入り

以上5商品で分かれており、いくつかの商品で480g/960gが存在。私はあなたへおすすめしたいものを紹介したかったのですが、全商品のタンパク質源以外に変わりがありません。

唯一、ささみ入りが脂質量が他より少ないくらいだけ。そのため、おすすめとして区別を付けるのが難しくなっています

ビタワン(もっちりふっくら)を選ぶなら、あなたの好きな商品で構いません。というような状態になってしまっているので、企画としては頓挫している形です。

 

ただし、購入時に注意点が1つあります。それは8歳・11歳以上に関してです。シニアの対象年齢だから購入しようとする安易な考えは危ないです。

シニアになったらシニア用のドッグフードを買いましょう!このシニア向けの売り文句は企業側の売りたいがための商業戦略です。

シニアでもアダルト向けのドッグフードで問題ない犬のほうが多いです。アダルトを食べて体に問題がないのなら、そのままアダルト向けを食べさせてあげてください。

 

まとめ

  • 袋の中で小分けにされているのは便利
  • 柔らかい作りなので口の中に問題を抱えているなら購入候補に入り
  • 原材料に問題もあるので、デメリットもきちん把握する必要あり
  • 商品はシニア向け以外に大きな違いはナシ

商品の作り的には犬好みというよりも、人間好みのドッグフードと言える商品。一番のメリットは、価格の安さによるコスパです。

あなたがコスパのみで満足するなら問題ないですが、コスパ以外も求めるなら違う商品を探しましょう。

 

あなたがセミ~ウェットのドッグフードでいい商品が欲しいと思うなら

こちらのブッチという商品を食べさせてあげみてはどうでしょうか?ニュージーランド産の原材料に、犬がエネルギーのメインとしている動物性タンパク質をたっぷり使用しています。

無添加なのに栄養バランスに優れ、パピー~シニア時代まで一貫して食べさせられます。パピーは健やかに、アダルトはたくましく、シニアは長く健康でいられる。

 

オメガ3脂肪酸も含まれて皮膚にも良い働きをしてくれます。ビタワン(もっちりふっくら)よりもお高めな値段ですが、今なら800gが3本セットで3,000円で購入できます。

ぜひ、一度だけでも試してみてください。

ブッチの3本3000円セット購入はコチラから

Butchトライアル