口コミ評判

ブッチ(ドッグフード)のガチ評価!一体どの色を買うのが正解なの?

ドッグフードの半生で少しずつ話題になっているブッチ。ブラック・ホワイト・ブルーのどれが買いなのか。そして、買いな人・買いじゃない人。

さらには、ブッチのガチ評価をこの記事ではさらけ出していきます。

 

ブッチ(ドッグフード)を買いな人・買いじゃない人

買いな人 買いじゃない人
半生フードがイイ! ドライやウェットじゃなきゃダメ
アレルギーは無い 何かしら肉類にアレルギーがある
グレインフリーじゃなくてもいい グレインフリーじゃなきゃヤダ
原産国は問わない 国内産じゃないとイヤ
コスパは問わない コスパは絶対必要

 

栄養成分

ブラック

栄養成分 含有量
粗タンパク質 10.5%以上
粗脂肪 8.0%以上
粗繊維 1.0%以下
粗灰分 3.1%
カルシウム 0.67%
リン 0.53%
水分 70%以下
塩分 0.3%以下
カロリー 121.4kcal/100g

 

ホワイト

栄養成分 含有量
粗タンパク質 10.5%以上
粗脂肪 8.0%以上
粗繊維 1.0%以下
粗灰分 3.6%
カルシウム 0.56%
リン 0.5%
水分 70%以下
塩分 0.3%以下
カロリー 123.3kcal/100g

 

ブルー

栄養成分 含有量
粗タンパク質 11.0%以上
粗脂肪 8.0%以上
粗繊維 1.0%以下
粗灰分 3.4%
カルシウム 0.57%
リン 0.52%
水分 70%以下
塩分 0.3%以下
カロリー 125.7kcal/100g

 

原材料について

ブラック

ビーフ(生)33%、ラム(生)25%、チキン(生)18.5%、大豆 8.5%、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)7.7%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)2.5%、玄米(破砕・ゆで)2.3%、魚油(オメガ3脂肪酸)1.3%

ホワイト

チキン(生)80%、野菜類(ニンジン、コーン、エンドウ豆)7.5%、大豆 4%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)4%、玄米(破砕・ゆで)2%、魚油(オメガ3脂肪酸)1.3%

ブルー

チキン(生)67%、フィッシュ(全体/ムロアジ等)25%、玄米(破砕・ゆで)3.5%、穀類(トウモロコシ種皮/グルテン除去・繊維源)2%、凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)1%、魚油(オメガ3脂肪酸)1%、パセリ 0.2%、ユッカ 0.1%

共通成分

凝固剤(カラギーナン、ローカストビーンガム、カシアガム、グアーガム)1%、ビタミン・ミネラル類(ビタミンA、ビタミンB1[チアミン]、ビタミンB2、ビタミンB3[ナイアシン]、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、葉酸、パントテン酸カルシウム、カルシウム、リン、ナトリウム、マグネシウム、塩化コリン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン)0.1%、ケルプ(海藻)0.1%

 

ブッチ(ドッグフード)の評価

肉付きはブラック、肉より魚はブルー、肉は好きだけどストイックさを求めるならホワイトです。アレルギーが無ければアミノ酸バランスからすると、ブラックがオススメ。

詳しいアミノ酸分析も公式サイトでまとめられており、栄養不足はほぼ無いと言っていいほどスキのない作りとなっています。もちろん、食べる年代は問いません。

 

パピー~シニア、超高齢となった老犬でも食べられるようになっています。他にもドライのみじゃ食べないワンちゃんなどのトッピングとしても使えますね。

半生なので匂いも強めな上に、粘着性もあって犬が本来の食事として好むように作られています。プレミアムフードらしくオイルも魚油で毛に関わるオメガ脂肪酸をしっかり摂取可能。

 

カロリーが低めに見えますが、水分も多く含んでいるため実際の食事量としては100g程度では足りません。小型犬の5kgで240~280gくらいが適正となっています。

そのため、ブッチが初めての半生フードの場合は戸惑うこともあるでしょう。もし、供給量がわからない場合は、ラベルや公式サイトの供与量を見るようにしてください。

 

ブッチの購入に関して気を付けておきたい2つのこと

最初でも伝えたのですがブッチはグルテンフリーでも、グレインフリーじゃないんですよね。玄米が2~4%ほど入っていますので、注意しておきましょう。

ちなみに、名前が似ている【グルテン】は除去されているので、植物性タンパク質がダメなワンちゃんでも食べることはできます。安心して与えてあげてください。

 

ブッチのデメリットは何と言っても「半生」であること。開封後には即痛み始めてしまうのが悩みの種。長期保存は輪切りにしてラップに包み、冷凍庫保存が無難ですね。

凝固剤などに不満を抱える人がいますが、その点はこちらの記事で解説してあるので御覧ください。

ブッチが危険とウワサされる理由をメッタ斬り!

 

ブッチに関するまとめ

  • 高栄養価ならコスパは気にしない
  • 愛犬がドライフードを食べてくれない状況が続いている
  • そろそろ半生のほうが良い年齢になってきた
  • しっかり栄養成分が表記されているところが良い
  • 原材料の原産地がハッキリ明記されているところが良い
  • 色はアレルギーなしなら黒、ストイックはホワイト、ブルーは魚好き!

上の条件のどれかに加えて、この記事の最初に載せた「買いな人」のどれか2つに当てはまるのであればブッチは必ず期待通りの結果を出すドッグフードです。

 

もし、あなたがどれか1つのブッチを試したい。または、1本だけだとどれを好むかわからないというのであれば、3つセットのトライアル版を公式で購入することができます。

ブッチ(ブラック・ホワイト・ブルー)3種類トライアルセット購入ページ

 

上記リンク先からの購入をすると、1本800g1,263円のブッチが3本セットで3,000円で購入することができます。もちろん、容量はトライアル版3種共に正規品と同じ800gです。

ブラック・ホワイト・ブルーのどのブッチを試してみようか悩んでいるのであれば、このお得なトライアル版で3種類全て試して好みを見つけてみてあげてください。

ブッチ(ブラック・ホワイト・ブルー)3種類トライアルセット購入ページ

Butchトライアル