口コミ評判

カナガンを食べなくなった時に別のドッグフードを試すべき?

いつも食べていたカナガンのドッグフード。

しかし、突然食べなくなってしまった。

しかも、困ったことに病気でも何でもない。

 

病気でも無いのに突然ドッグフードを食べなくなってしまった時は、別のドッグフードを買い与えるべきなのか。

それとも、今までのドッグフードを食べさせ続けるほうが良いのでしょうか。

 

カナガンのドッグフードから別の物に切り替えるべきか?

現状、病気でも命の危険も無いような状態であれば、カナガンのドッグフードのままにしましょう。

えっ、いいの?って思うかもしれませんが、ここでドッグフードを変えてしまうと、愛犬の思う壺です。

 

犬の好みに釣られて別のドッグフードを変えてしまったら

ワガママな犬

愛犬「おっなんだ、なんだ、今日は良いエサになってるじゃねーか!やるなーうちの飼い主は」

うちの子はこんな事を言う子じゃない!という抗議の声があるかもしれませんが、手短に犬の気持ちを表現すると上のような表現になります。

 

犬が賢いのは周知の事実で、あなたが愛犬のエサをより良い物、または別のやみつきになりそうな物に変更する。

その時に、犬は自分の行動で学習してしまうんですね。

 

愛犬「飼い主さまに別のエサをせがんだら、本当に別のものが出てきたぞ・・・!?これは次回もやるしかねェ!」

 

あなたの愛犬は、この時点で学習してしまいました。

今のエサを拒否すれば、もっと美味しい、もっと良い匂い、もっと多くの量を食べられる、と。

こうなってしまっては、ちょっとやそっとのしつけでは、元の状態に戻すのは至難の技となります。

 

食べないドッグフードに何か手を加えるのってあり?

犬の食欲は私たちと共通で、食べ物の匂いが鍵となっています。

良い匂いは美味しそう、ヤバイ匂いは食べなくて、無臭は確認のために口に入れてみたり飲み込んだりしますね。

 

だから、カナガンのドッグフードを食べない時には、少しだけ匂い付けをしてあげるといいでしょう。

匂い付けの食べ物に関しては、犬用のチーズ、ふりかけ、動物性の強い匂いのある脂(ラードなど)がオススメ。

 

あとは、1口目に匂いの強い物を食べさせてエサに興味を再度持たせるのもイイですね。

そこからバクバクドッグフードを食べてくれることもあります。

 

それでも、ドッグフードを食べてくれない場合

  • 間食を与えすぎていないか
  • 人間向けの食べ物を与えていないか

このどちらかを愛犬に対して行っていませんか?

 

犬に間食を与えすぎるのは、なぜダメなのか

おやつを食べる犬

私たちも子供の頃、大人になっても間食をして食べすぎてしまい夕食が・・・という経験ってありますよね。

これと同じことを、あなたは愛犬に対して強要してしまっているのです。

 

間食自体は悪いことではありませんが、犬の許容範囲を超えている場合は危険な行動と言っていいでしょう。

なぜなら、直接的に愛犬の体に負荷が掛かる「肥満」に足を向けているからです。

 

肥満になれば、人間と同じく生活習慣病をはじめ、関節への影響が強くでてきます。

特に犬の場合は、関節がダメになってしまうと歩くことすら、ままならなくなってしまうでしょう。

 

犬に人間の食べ物を与えている

煮物

犬にとって味覚は重要ではないのですが、大雑把に味を感じることはできます。

人間向けの食べ物って、犬からすると麻薬に近いレベルの食べ物なんですね。

 

もう凄い中毒症状レベルの味で、もっと、もっと、もっとだー!!!

こんな感じで感情が爆発してしまうのです。

 

だから、人間の味付けは犬にとっては美味しすぎるため、ついつい食べたくなって飼い主にせがんでしまいます。

 

そして、愛犬が美味しそうに食べる姿を見たあなたは、良かれと思ってさらに与えてしまう。

このループが成立してしまっている場合は、すぐに人間の食べ物を与えるのを止めましょう。

愛犬にツライ思いをさせていると感じますが、ここは心を鬼にして頑張ってください!

 

カナガンを食べないなら無理に食べさせないことも必要

私たちが朝を食べない、昼を食べない、夜を食べないと1食くらい抜いても平気なように、犬たちも1,2食くらい抜いても平気です。

もっと平気な子だと1日食べなくても、ケロッとしている子もいます。

 

昨日は食べないでも翌日は食べることもありますし、長期間(3〜4日ほど)食べないのであれば動物病院に相談でもいいでしょう。

診察してもらえば栄養価の高い流動食や、食べない場合の対処法などをさらに詳しく教えてもらえます。

 

また、私は食べない犬を飼っている人と話した時があるのですが、その人は栄養価を高めた流動食を大きめの注射器で犬の口の中に入れていたそうです。

やってる時は、あんまり良い気分ではなかったそうですが、その後は元気に食べてくれたのでやらなくなったのだとか。

 

少しでも栄養を取って欲しい場合は、今のようなちょっと無理矢理な形で食べさせるのも1つの手でしょう。

気の進まない方法ですが、愛犬が餓死してしまうよりはマシです。

あまりにも食べない場合は選択肢として考えてみてください。

 

まとめ

言葉を発してくれないので心配になってしまうでしょうが、2~3日くらい絶食していなければ問題ありません。

それ以上の日数が経つのであれば動物病院へ連れて行くようにしましょう。

 

カナガンよりも、さらに良いドッグフードを探しているのであれば、栄養素・タンパク質をカナガンよりパワーアップさせた「モグワン」を利用してみてはどうでしょうか。

犬の好みの匂いをコンセプトに作られているので、食いつきやすいのも特徴的。

 

ぜひ、一度利用を検討してみてください。

モグワン公式購入ページはコチラから

Butchトライアル