身体面

犬の去勢・避妊手術後に起こる食欲旺盛な状態を抑えるドッグフード

犬にとっても、飼い主にとっても人生の中で一大イベントなる去勢・避妊手術。ただ、その手術が成功しても後に起こる問題に、しばらく頭を抱える飼い主の方も多いです。

今回は、犬の去勢・避妊手術後に起こる食欲旺盛な状態と、それを抑えるための方法。そして、犬の食事であるドッグフードに関して取り上げてみました。

犬の去勢・避妊手術後に起こる食欲旺盛な状態

1つはホルモンバランスの乱れ。人間も女性に顕著ですよね。更年期障害の治療としてホルモン剤を服用していたりする人は、食欲が止まらないとよく耳にするはずです。

犬も同じく、行動、食事、性欲の3つの柱を欲求として生きています。その内の1つが削られてしまうことによって、バランスを保つのが難しくなってしまうんですね。

 

もう1つの原因は、術後の手術跡の回復にエネルギーを回すこと。人間も病気になった時に体が熱を出してエネルギーの消費を加速させます。

これは、怪我でもそうですよね。術後は発熱がよく出るという話を、手術後の人からよく耳にします。体重にもよるのですが、人間は平熱が1度上がる毎に約500kcalほどの消費します。

 

犬は元々、体に蓄えられている脂肪だけでも十分賄えます。ただ、それをずっと行っていると体重がたった数日でガクッと下がってしまうんです。

それを避けるには、定期的な食事を摂取しなければいけない。でも、摂取してもすぐに体が燃えてしまう、もしくはホルモンバランスの乱れから沢山食たくなる。

だから、食欲旺盛になってしまうのです。

 

一方、こういう状態になる犬もいる

避妊、去勢手術の後に肥満傾向になる犬や猫が多くみられます。手術後に基礎代謝率が減少することによりカロリー要求が減ります。

行動範囲が狭まることで、運動量が減り、体重が増加してしまいます。

出典元:しんぼ犬猫病院「避妊・去勢手術のリスク」より

旺盛な犬がいる一方で、不振になったりしてしまう犬もいることに注意して下さい。

Sponsored Link



去勢・避妊手術後に太らせたくない時に出来る対処法

  • 無理のない範囲で運動させる
  • 食事の質・内容を変更する

犬を太らせないためにできる対処法としては、このどちらかしかありません。

 

無理のない範囲で運動させるとは

ドッグランとかはダメってことですね。他には、室内でもボールを投げて部屋の端から端までダッシュさせたり、というのもダメです。目安としては犬が舌をダラーッと垂らすような仕草をするのが、激しい運動の目安として分かりやすい指針の1つとなっています。

あなたが小型・中型の犬を飼っている場合であれば、大人しかったりするので大きな問題になることは少ないでしょう。ただ、大型犬になってくると難しく、きちんとあなたが躾をしたり、散歩でもこまめに犬が走り出さないかという注意をしてあげてください。

 

食事の質・内容を変更する

手作りが可能な場合であれば、人間用のカロリー計算を用いて作ってあげると良いですね。その際は、脂質をやや抑え動物性タンパク質を豊富にし、小麦・穀物を除いた野菜類を添え物として食べさせてあげましょう。

どれくらいが目安なのか、というようなPFCバランスは犬には示されていないんですね。だから、参考になるであろう獣医師さんの意見の1つを取り上げてみます。

動物性タンパク質:野菜:炭水化物=3~5:3~5:1~3が理想

出典元:沢村獣医科病院 「犬の手作り食のすすめ-2 一般的なレシピのご紹介」より

 

私個人の意見としては、炭水化物は野菜の分だけで十分だと考えているのと、野菜と炭水化物は同列で扱っていいと考えています。だから、野菜を脂質に置き換えてもらえれば良いですね。

動物性タンパク質:脂質:野菜=4〜6.5:3〜4:1.5〜2】の割合が理想だと感じていますね。これも1つの指針ですので、あまり深く考えすぎる必要はありません。

とはいえ、食べさせなさすぎも問題が出てくることにも注意してください。日々の犬の活動に支障が出ない摂取エネルギーの目安はどれくらいなのか。まずは、そのことに関して計算してみましょう。

 

実際に犬の必要カロリーを計算してみよう

小型犬のチワワを例にします。

  • 犬種:チワワ
  • 年齢:1歳前後
  • 避妊・去勢済み
  • 体重:2.7kg(平均値は1.5〜3kg)
  • エネルギー係数は成犬の2.0に指定(係数は活動量で0.8〜3.0まで変動)
  • 計算式:(体重×30+70)×係数=必要klca

 

実際に当てはめると【(2.7kg×30+70)×2.0=302kcla】が体重維持に必要なエネルギーとなります。しかし、避妊・去勢手術後は安静にしている期間が多いです。

そのため、50〜100kcalの増減でで様子を見ることになります。ただし、あくまでもこの計算式は式でしかありません。個々の犬の体格、筋肉量により代謝により変動も起きます。

カロリー計算に関しては1つの目安として覚えておき、1週間ずつの体重の変動と犬の健康状態でエサの量を増減させるようにしましょう。

Sponsored Link



食欲旺盛な犬のためのドッグフードの選び方

  • 小麦・穀物を不使用
  • 動物性タンパク質が豊富
  • 脂質はω3が多く、ω6が少ない
  • 原材料でハッキリと肉の原料が明記されている(○○ミールと名が付いていない)

これらの条件を元にドッグフードを選ぶと良いです。さらに体重管理をするのであれば、食べ過ぎと脂質の摂り過ぎが原因ですので、ドッグフードを7としたら、手作りで3を与えてあげましょう。

 

これなら運動量が減少していても体重を管理できます。食欲旺盛なあなたの愛犬も、動物性タンパク質を豊富に摂ることで腹持ちも良くなり、食欲が鳴りを潜めます。

手術の傷が癒えるまでの期間は大変ですが、ぜひ愛犬のためにも食事に関しては手を抜かずに頑張ってみてください。

 

少量でも満腹になるドッグフードがあるとしたら

それは、コチラのモグワンというドッグフード。なぜ少量でも満腹になるかというと、タンパク質脂質に秘密があります。

タンパク質と脂質は胃での消化は早いですが、吸収はゆっくり穏やかです。そのため、長い時間満腹度を保ち続けてくれます。だから、食欲旺盛な子にはピッタリ。

 

またタンパク質が多ければ筋肉の維持毛量の維持に役立ちます。脂質が多ければ毛並み・皮膚の健康維持に繋がり、冬を乾燥知らずで過ごせるでしょう。

あなたが愛犬の食欲旺盛ぶりに頭を悩ませており、どうにかしたい。このように考えているのであれば、一度試してみてはいかがでしょうか?

モグワン公式ページはコチラから

Butchトライアル