身体面

犬のカルシウム不足や過剰摂取はどんな症状を発症させてしまうのか

カルシウムが大事なのは、人間も犬も変わりありません。

骨を作る大本なのですから、足りなくなれば脆くなって、ポキポキと簡単に折れてしまう。

という可能性だってあります。

 

しかし、不足することで異常が出るのは、何も骨だけではありません。

また、過剰摂取になることでも、実は知られていない危険性や体への影響だってあるんですよ。

今回はカルシウム不足・過剰摂取、両方の症状などに関して見ていきましょう。

犬にとってカルシウムは、どんな働きをもたらしてくれるのか?

カルシウムもたっぷりなヨーグルト

最初でも触れた通り、骨の元になっていることは、幼稚園くらいの子供でも知っていたりします。

しかし、実はそれ以外にも立派な働きをしてくれているんですよ。

 

それは「筋肉の収縮」です。

筋肉の収縮って言うと、動作とか筋トレとか運動系に目が行きがちですよね。

でも、私たちの体を構成している多くの部位は筋肉で作られています。

 

さらに、死ぬまで動き続けている筋肉ってありますよね。

そう、私たちの全身に血液を送ってくれている心臓です。

心臓の鼓動も筋肉によってドックン、ドックンと動かされています。

だから、カルシウムって思っている以上に大切な栄養素なんですよ!

 

カルシウムが犬に不足したり、過剰摂取で引き起こされる症状とは

不足で起きる症状 過剰摂取で起きる症状
筋肉の収縮 骨の発達の阻害
骨がもろくなる 便秘
急性腎不全 食欲不振
副甲状腺機能低下症 発作

※急性腎不全などは過剰摂取でも起きる場合あり

 

どちらも怖い言葉が立ち並んでいますが、過剰摂取に関してはあまり心配する必要はありません。

なぜかというと、サプリメントを利用しない限り、過剰摂取になる可能性は低いからですね。

 

とくに手作り食なんて、サプリメント+煮干し・小魚類などを多用しないと、カルシウム不足にはまずなりません。

ドッグフードも同用に、サプリメントを多用することと、間食で意識して摂らせない限り、過剰摂取の心配は不要でしょう。

一方、不足に関しては起きやすいので注意したほうがいいですね。

Sponsored Link



カルシウム不足・過剰摂取を調べる方法と基準数値

動物病院で血液検査をしてもらうことで、調べることが出来ます。

正常値は9.0〜12.0mg/Lとなっていて、不足は8.0mg/L、過剰は14.0mg/Lからとなっています。

 

カルシウムの数値が高い時に考えてしまう怖い病気

カルシウムが不足していない、過剰摂取もさせていないけど、数値上ではオーバーしてしまっていた。

この時に、他の数値は正常でカルシウム以外が高い場合は、悪性腫瘍が犬のどこにあることがあります。

 

実際に、調べていると個人ブログ・獣医のブログ問わず、カルシウム以外は正常値で、カルシウムのみがオーバーの犬は、悪性腫瘍があることが多い。

というように、語られていました。

 

悪性腫瘍かどうかの判断はこの記事では省略しますが、事例の1つとして把握しておいてください。

基本的には数値が安定していれば問題ないですし、オーバーしていたら獣医さんの協力の下、対策をしていくことになります。

 

まずは、病院で数値検査から始めていきましょう。

そのために、定期的に健康診断や定期検診を受けるようにしてくださいね。

 

まとめ

カルシウムの不足、過剰摂取、数値でカルシウムのみが高い場合に怖いことをまとめてきました。

基本は不足を疑いつつ、間食をさせている場合にのみ過剰摂取を疑っていくのがベターですね。

 

不足、過剰の判断に関しては少し上でまとめたように、基本は自己診断ではなく数値判断がベストです。

少しでも心配になったのであれば、動物病院で愛犬の血液検査をしてください。

数千円で穏やかな気持ちになれるので、心配なのであれば行きましょう!

 

Butchトライアル