しつけ

犬がおやつしか食べない原因は飼い主の甘やかしすぎにあり?

犬がおやつしか食べないという悩みを抱える人は非常に多いです。私の回りでも、ネットの相談所を見ても、同じような話は沢山出てきます。では、その原因って何があるのか。

そして、おやつを止めて普通の食事を食べさせることは出来るのか。そんな悩みを持った方の解決策を提示してみました。

犬がおやつしか食べない原因は飼い主のせい

何度か別の記事でも触れているのですが、やはりここに最終的に行き着いてしまうんですよね。あくまでも私の回りの体験談でもありますので、あなたに絶対当てはまるわけじゃありません。

しかし、思い返してみれば食べないからということで、おやつを与えたりしていないでしょうか。口から液体を吐いてしまって、食べなさすぎて痩せ細って、と色々と心配する面があるでしょう。

でも、人間同様に犬ってそう簡単に餓死しません。自分自身の体のエネルギーは脂肪と筋肉の分解で、しばらくはまかなえます。だからと言って、無意味に餌を出さないのはダメですけれどね。

 

おやつの止め方って、どうしたらいいの?

一番は買わないこと。ただ、犬は雑食性なので人間の食べ物の多くを共有できてしまうのが悩みの種。加えて、大人しいと犬であっても基本は動かないと死ぬとでも言いたい活発的な動物です。

そのため、少し低いテーブルに置いてあるお菓子とかを盗み食いしちゃうんですよね。その対策として、犬の手の届かない位置で常に食事をしたり、お菓子を食べたりするのがベストです。

 

買わない以外であれば、少しずつ量を減らすこと。1週間で10回のおやつ回数があったのであれば、75%の7回くらいに。次に50%の5回、3回・・・と徐々に回数を減らしましょう。

犬に対して、そのおやつは君がとても頑張ったから、とても大事な時だけに与える特別なものである。これを認識させると良いでしょう。この考えは人間も同じですよね。

 

テストで100点を取る条件でペットを飼ったり、ゲームを買ってもらったり。こういった何かしらのご褒美があったのを思い出しませんか?私も何度か自分自身に行っていることです。

それらは、あなたの愛犬にも適用するので、ぜひ試してみて下さい。

Sponsored Link



どうして、おやつをあげたくなるのか?

それは自分も食べているから、相手も食べたくなるだろう、ということですね。友達とかとデザートを食べていたりすると、「一口食べる?」とか聞いたりしますよね。

あれと同じです。もっと言ってしまえば、愛犬に構って欲しい気持ちもあります。子供が鳩に餌をパーッと撒いて人気になったりするのと同じですね。あと、おやつを犬に共有させることで罪悪感を減らすこと。

 

うちの飼い犬も食べてるし、自分も食べていいよね♪これ、デブ犬になる可能性大ですので、危ないですよー。愛犬を出汁にして、おやつを食べてたりしたら止めたほうが良いでしょう。

他にも、愛犬が食べている姿が可愛らしい、という主観であげてしまう飼い主もいました。何度か言ったのですが、本人はえー、でもー、とか言って聞く耳なし。

犬にとっては可哀想な環境だと感じましたが、口には出さずに「そっかー」と適当に流しました。病気の話を出して治療費について言及しようと思いましたが、無駄だと感じて止めました。

 

犬の可愛さに屈しない精神が必要

犬の可愛い顔つきや瞳にノックアウトされてしまう人が多いです。(私も含めて)だけど、ここはグッと心を押し殺してください。これは、犬のためなんだ、犬のためなんだ、と心の中で呟きましょう。

小型犬が舌を出して、ハッハッとして見上げてくる姿は心をへし折りにくるんですが、ダメダメって頭を振って冷静になりましょう。それが、愛犬の健康と後にあなたの世話のしやすさに繋がることですからね!

Butchトライアル