食べ物

犬の栄養失調を改善するには『食べ物』にこだわってあげて!

私、実は一度子供の頃に栄養失調って診断を下されたことがあります。

人間で起こるのですが、犬でも起こらないってことはありえませんよね。

実際、あなたが気づかぬ内に愛犬が栄養失調に掛かってしまっている可能性もあるんですよ。

 

もし、愛犬が栄養失調になってしまっていたら、飼い主であるあなたは何をしてあげればいいのか。

そして、改善を促すには何が大切なのか、ということをまとめてあります。

犬が栄養失調になる原因とは

  • 過度な食事制限
  • 犬の食が細い場合
  • 消化不良を起こし腸が栄養を吸収しにくい環境である
  • 加齢による吸収能力の衰え

思いつく限りのことを列挙しましたが、主にこれらが原因となっています。

 

体重のみを目安にするのは非常に危険

体重測定

女性ダイエッターの方は、きっと心当たりがあるかもしれません。

体重のみを落とすダイエットって、短期的には非常に効果的な方法で最も好まれます。

誰だって、ツライことは長くは続けたくないですからね。

 

犬も避妊・去勢後は食事の量を減らしてね、というように言われます。

しかし、避妊・去勢後の食事への指導が、実は1つの罠であることに気付かない事が多いんですよ。

本来の内容は食事量を減らしても、「栄養素」は減らしちゃダメですよ、という話が抜け落ちているんです。

 

犬にとって必要な必須栄養素が減っていくと・・・

人間と同じように犬にだってカルシウム、銅、ビタミン類などの必須栄養素があります。

食事が減らされる=栄養素も減ることに繋がるため、適正な体重だけど実は過激なダイエットをしてしまっている。

ということに、気付かないことが多いんですよ。

 

犬に必要な栄養素が不足すれば、代謝の回路が回らず生命維持に振り分けられます。

生命維持に振り分けられてしまうと、段階的に筋肉の維持が難しくなり、歯が抜け毛が抜け、体に様々な支障が出始めます。

そして、最終的には立ってもいられないフラフラの状態へ・・・。

 

人間の栄養失調の人も、ものすごいガリガリな人がいますよね。

あんなガリガリの状態になってしまうと、犬は足で体を支えることすら出来なくなってしまうんです。

 

極端な例を出していますが、わりとマジ話です、栄養失調の話は

だから、今回は極端なガリガリになっていくって話を出させてもらいました。

次から食事に関しての話へ移っていきますね。

Sponsored Link



食事量を減らさずに栄養を摂るにはどうするのか

  • 食事に含まれる栄養素が高いものにする
  • 食事を増やし、適切な運動をさせ、エネルギーとして消費させる

どちらが簡単なのかは、あなたの生活習慣が関わってきます。

 

あなたが1日中、犬と一緒にいられる環境であるなら2番目が健康的に行える方法。

仕事で忙しい、家族と共同で世話をしているというのなら、1番目の食事の栄養価を高める方向で動くといいですね!

 

栄養失調改善には手作り食が効果的?

手作り食

あなたが今与えているエサはドッグフードと手作り食のどちらでしょうか?

手作り食を与えている場合、あなたは栄養素の勉強をしましたか?

 

本の通りに作るのは簡単でも、本の食事は見栄えを優先している部分があるため、実は・・・ってことがあるんです。

手作り食は可能な限り犬に寄り添うことになるので、きちんと理解した上で作れるのであれば、ドッグフードよりも最高のエサになるのは間違いありません。

 

しかし、もし少しでも手違いが起きていたら・・・?

季節により野菜の栄養価は変わりますし、飼育方法でも味・風味も栄養価も若干変化してきます。

さらに、調理の加熱で栄養は外へ漏れ出してしまうような料理だってあるでしょう。

 

私は手作り食を否定するわけではありませんが、栄養素に関する知識がない状態で作り与え続けることはオススメしていません

それに、現代の飼育環境では手作り食に割く時間も少なくなりがち。

今から変えるのは大変かもしれませんが、最低でも完全栄養食に当たるドッグフードとの併用を検討していくことをオススメします。

 

肝心なドッグフードの選び方

話を栄養価の高い食事であるドッグフードに移していきましょう!

栄養素が高いドッグフードの選び方としては、「ラベルを見る」ということに限ります。

日本の食品に関しては下に示すような、絶対的な1つの決まりがあるんですね。

 

「ラベルは先頭に書いてあるものほど、その食品に含まれている占有率が高い」

これは日本の食品全てに共通していることで、ラベルの表記を守らないと食品偽装にあたるので、どのメーカーも絶対に守っています。

 

ドッグフードに話を戻して、犬にとって必要な栄養素をギュギュッと詰め込まれているものって何だと思いますか?

そうです、お肉、お肉ですよね!

つまり、購入に値するドッグフードか見極めるには、ラベルを見て「チキン・ラム・ビーフ・鹿肉・サーモン」と真っ先にラベルの先頭にあればOK食品!

 

逆に「米・小麦・オートミール・とうもろこし」とか穀物や炭水化物、植物性タンパク質などが肉系の名前より先にきていたらNG食品。

犬は穀物の消化が苦手で、多量に与えると消化不良を起こし、腸内環境を荒らします。

 

腸内環境を荒らす=栄養吸収能力の低下に繋がるため、栄養失調の犬であれば、さらに栄養失調を加速させてしまうことに。

必ず真っ先に肉類の印字があるものを選びましょう。

Sponsored Link



ドッグフードの印字で注意したいもの

○○ミール・ミートって書いてあるドッグフードは避けるようにしてください。

人が食べられない部位の肉や、肉と言えない骨に近い部分、複数の肉を混ぜたもの。

こういった質の悪い肉を使っているので、犬の消化に多大な負担をかけてしまいます。

 

購入するのであれば、ラベルに「チキン・ラム」というように、どの肉が使われているか。

また○○ミール・ミート、肉類(どんな肉なのか表記がない)ドッグフードを選びましょう。

分からない場合はホームセンターじゃなく、ペットショップに行けば店員さんが丁寧に教えてくれるので、足を運んでみてくださいね。

 

まとめ

食事制限をするのであれば、栄養価を高めて上げる方法を。

食事制限をしないなら、運動でデブらないようにすること。

老犬は食事回数と運動を増やすことで調節。

 

食が細い犬であれば、一口目に匂いの強い食べ物を放り込んであげることで。

こういったことで改善していきますので、ぜひ愛犬の栄養失調の改善に役立ててください。

Butchトライアル