口コミ評判

ファーストメイト(ドッグフード)の口コミ評判と評価!価格が高いことだけある

カナダ産、そして世界で初めて穀物不使用(グレインフリー)ドッグフードを作ったメーカーです。日本にも通販などで流通していますが、あんまり知られていないみたい。

口コミ、探すの大変ですよね?海外サイトも含めて、たくさん見回ってまとめてみましたよ!

ファーストメイトの口コミ評判

口コミ評判のまとめ

  • 評価数は少ないが悪いことは見当たらない
  • 消化率と食いつきには定評がある

唯一、問題があるとすればドライフードなので水分摂取を、こまめに摂らせないといけないことでしょう。水分量は10%以下なので、食事中は必ず水分が必要となります。

 

塩分に関しては必要分だけ添加されているので「塩分高いせいか」という口コミは不適切ですね。海外の口コミも全体的に高評価になっていました。

ただし、日本と同じくメーカー的に有名ではなく、全体の量としては少なめ。Amazonでさえ合計で100件超えるくらいしかありませんでした。

 

ファーストメイトのおすすめポイントと気になること

おすすめ 気になる
ミールの使用は原材料と副産物の有無を明言済み 炭水化物量(糖質)は多めと推測できる
BHA・BHT・エトキシキンは不使用 オメガ3・6脂肪酸の%表記が無い
公式で原材料の働きを詳しく解説 ウェイト・シニア向けは微妙
動物・植物性タンパク質の比率を明記 単価が2,000円/1kgと高い

 

それぞれのポイントからファーストメイトを評価

同じカナダのオリジンよりワンランク下。オリジンと同じ企業が出す別ブランドのアカナと同程度。これが、最も適切な評価だと私は考えています。

よく見る星評価で言えばファーストメイドは星4って表現ができるでしょう。事実、海外の歯科医が運営する有名な個人サイト「ドッグフードアドバイザー」でも同様に星4評価です。

 

ファーストメイトの問題点は炭水化物(糖質)の多さ

原材料の第一表記が「ジャガイモ」であることから、最も多い栄養素は炭水化物の糖質と考えて問題ありません。糖質は犬の肥満の引き金となります。

そのため、あなたが意識的にドッグフードの量を調節したり、適度な運動を行ってあげないと簡単に太ってしまうことに注意してください。

太りすぎれば関節のみならず、腎・肝・膵の3つの臓器にも問題が起きます。しっかり管理していきましょう!

 

単価が1kg当たり2,000円を超えるので高い

  • 1kg:2,916円
  • 2.3kg:2,019円
  • 6.6kg:1,390円
  • 13kg:1,329円

容量が増えれば安くなるのは当たり前ですが、小型犬~大きめの小型犬が中心の日本では6.6kgは多すぎますね。購入は2.3kgを都度購入がおすすめです。

 

そのため、購入する際はポイントサイトを経由して二重ポイントを獲得する。もしくは、実店舗でポイントサービスを行うお店でクレカ払いがお得です。

なお、Amazonでは同じ容量なのに別種類なだけで、ポイント付与のパーセントが違うこともあります。注意しましょう。

 

ウェイト・シニア向けが微妙な理由

  • タンパク質が低くなる
  • ジャガイモのタンパク質量が最大14%増加
  • 全体的な炭水化物量(糖質)の増加

以上のことから、あなたの管理が行き届かないとウェイト・シニアは体重が増えます。体重をコントロールするなら、本来は高タンパク質・低炭水化物が理想的。

 

しかし、ファーストメイドのウェイト・シニアはタンパク質量が減っています。さらに、動物性タンパク質も減り、ジャガイモの植物性タンパク質が数%増えている。

必要としている栄養素を、ウェイト・シニアは逆に削ってしまっています。だから、ウェイト・シニアは微妙、と言ったわけですね。

 

ファーストメイトを選ぶならどれが一番おすすめなの?

  • ラム
  • チキン
  • オーシャン(白魚)

アレルギー症状が無い主原材料であれば、好みのものを選びましょう。1つだけあげるなら、私はチキンをおすすめします。

 

チキンが一番おすすめな理由

チキン ラム オーシャン
タンパク質(動物) 84% 78% 73%
タンパク質(植物) 16% 22% 27%
粗タンパク質 25% 24% 23%
粗脂肪 14% 13% 10%

表のとおりチキンが一番犬が求めている栄養成分で言えば高いです。誤差範囲と言われてしまえばそうですが、どうせなら一番のほうが良くないですか?

 

それに、粗タンパク質・粗脂肪が高い=炭水化物量が自動的に減ります。タンパク質と脂質が多いと、エサの供給量も少なくて済むメリットがある点も見逃せません。

あなたの愛犬がチキンアレルギーじゃない、あなた自身が愛犬の食事管理・運動管理に自信がない。この場合は、チキンを選ぶと愛犬に襲ってくるリスクを低下させられます。

ただし、フィッシュオイルが無添加です。少しだけサーモンオイルやアマニ・エゴマ油を与えましょう。量は2g程度問題ありません。

 

まとめと総合評価

  • 口コミは少ないが評価は良い
  • 星で評価すれば海外サイトも星4評価(星5満点方式)
  • やや炭水化物が多めの配合になっているのが気になる
  • 4つの種類から選ぶならチキンがおすすめ(アレルギーが無い場合)

総合評価は、この価格帯であれば第一候補のグループに入れても良いドッグフードですね。高いことに悩むなら他のメーカーとローテーションを組む。または、おやつ用でも十分です。

買って損の無いドッグフードなのは間違いありません。半端に安いドッグフードを買うよりも、ファーストメイトのほうが栄養・原材料の質ともに上ですからね。

楽天購入はコチラから

Amazon購入はコチラから

Butchトライアル