身体面

犬を健康的に太らせたい!病気にさせず体重は増やせるのか?

ガリガリの人がどうにかして太りたいように、犬も太らなきゃいけない場合があります。

動物病院の獣医さんから言われた場合などですね。

他には、肋骨を触ってゴツゴツとしていたりする場合は、太らせないとダメな事が多いです。

 

世の中、痩せさせる方法は沢山出回っていますが、太らせる方法って出回ってませんよね。

しかも、犬の場合はなおさら出回ってません。

そこで、私なりに犬を健康的に太らせる方法をまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてください。

犬を健康的に太らせるには

健康的な犬

栄養価の高いドッグフードと、同時に適度な運動をやるのが健康的に太らせる秘訣です。

簡単に文字にしましたが、これが難しいんですよねー、意外と。

 

栄養価の高いドッグフードとは

「動物性タンパク質(鶏肉など)」と「動物性の油(鶏肉・ラム・サーモンなど)」がたっぷりと配合されているもの。

動物性タンパク質は体の筋肉、内蔵、毛などの細胞を作り出す栄養素で、絶対に必要です。

 

油は体の膜や細胞間の円滑材、さらには脂肪として体に蓄えられるので、体重増加に繋がる重要な栄養素。

では、糖質は必要ないのって思うでしょうが、犬にはいらないエネルギーなんですよ、糖質は。

(ちなみに「糖質=炭水化物から食物繊維を除いたもののこと」です)

 

でも、糖質は太るために必要なエネルギーであるという、矛盾を抱えています。

どうして糖質が矛盾を抱えているかというと、糖質は非常に効率が良い上質すぎるエネルギーなのです。

効率が良いということは少量で動ける上に、残った分は体に蓄えられるということ

 

ただ摂りすぎてしまえば糖尿病になる恐れもあるので、摂取量には注意しなければいけない。

健康的に太るっていうのと矛盾するエネルギーなのですが、気を付けてあげれば問題はありません。

 

また短期間であれば問題ありませんし、目標体重に届けば率先して摂取させる必要はないエネルギーです。

それでは、この項目をまとめましょう。

 

まとめ:糖質を摂取するなら控えめに抑え、タンパク質と脂質を多く含むドッグフードを与え、徐々に太らせるのが健康的な太り方の一歩目

 

Sponsored Link



太るのに適切な運動が必要なのはナゼ?

走る犬

太るなら動かないほうがいいでしょ、という意見があると思います。

しかし、上で糖質の摂取を「少しだけ」オススメしましたね。

糖質は非常に高効率なエネルギーなんですが、ほんの少しでいい理由がきちんとあります。

 

糖質を多く摂取しすぎると、糖尿病などの病気を引き起こす可能性があるんです。

太らせるつもりが病気になって、さらにやせ細って、最後には・・・というのは、絶対に避けたいところ。

だから、病気を避けつつ太らせるには、運動で糖質を適度に消費しつつ、犬に筋肉をつけてあげる必要があるのです。

 

人間の筋トレと同じって考えるといいでしょう。

人間も筋トレをすると、血中のブドウ糖を筋肉が取り込んでくれるんですね。

犬も同じく、運動をすれば糖が消費されるし、筋肉がブドウ糖を取り込みます。

 

さらに、筋肉の修復にはタンパク質が使われ、修復された筋肉はより強く、大きくなる。

筋肉が増える一連の流れをサイクル化すると、適正な体重かつ太りにくい健康的な犬の体になれるのです。

これが最初に食事とともに運動も必要だ、というあなたに伝えた理由でした。

 

まとめ:運動は犬の筋肉増量とともに、ストレス・病気の予防策として行う必要がある

 

収支カロリーは摂取カロリーをプラスに持っていく

摂取600カロリー−消費500カロリー=+100カロリー

かなり適当な数値ですが、太るためのカロリー計算としては上のようになります。

あとは、どのくらい1日に必要なカロリーを増やしてあげていけばいいのか、という点。

 

例えば、1ヶ月で1キロ増やしたいとしましょう。

  • 小型犬
  • 避妊済みの成犬
  • 体重は2kg
  • 目標は3kg

この目標で設定して、話を進めて行きましょう。

 

必要カロリーの計算式は、こちらを引用させてもらいます。

(体重×30+70)×係数=1日に必要な摂取カロリー

出店:いぬねこマガジン「犬の食事、1日の必要カロリーは?犬のカロリー計算方法」より

それでは早速計算式に当てはめた数値を下で出してみましょう。

 

(3×30+70)×1.6=256キロカロリー

 

すごく簡単ですね!

上の数値はあくまでも理想の計算式なので、上の必要カロリーに+10%〜20%上乗せしつつ、運動をさせてあげると健康的に太れます。

ただし、エサであるドッグフードなどを進んで食べてくれないと、太ることは難しい点にも注意してください。

 

目標体重になるまでの日数的としては、きちんとドッグフードを食べてくれたなら、30〜40日くらいで目標体重に到達するでしょう。

食が細めな子だと、50日前後は必要になるかな、という形ですね。

 

まとめ:『(必要体重×30+70)×係数=1日に必要な摂取カロリー』で計算し、太るまでの期間は30〜50日で可能となる

Sponsored Link



まとめ

以上が犬を健康的に太らせるための方法のまとめとなります。

1つだけ注意点としては、無理に太らせないようにすることですね。

犬種によっては痩せているように見えるのが普通の犬もいます。

 

同じ犬種でも個体の成長具合によっては、現状がピッタリ合うという犬もいることを忘れてはいけません。

体重計測も1週間に1回のペースで行い、1ヶ月後に血液検査などを獣医さんの元で行うと完璧。

 

お金が掛かるのは百も承知だと思いますが、これくらいペットで飼う犬に関してはデリケートでいいと私は考えています。

ううん・・・と頭を悩ませるような話が沢山出てきたかもしれませんが、何度も読み返して愛犬のために頑張ってください。

Butchトライアル