口コミ評判

カロリーの高いドッグフード!自信を持ってオススメできる4つを紹介

ドッグフードって数が多いですよね。しかも、購入サイトは見づらいからカロリー表示は、タンパク質は、タンパク質量はどこ!?ってなります。

ここでは、あなたに4つの高タンパクドッグフードをわかりやすく、表にまとめて紹介しています。ぜひ、じっくりと眺めていって下さい。

 

私がおすすめするカロリーの高いドッグフード5選!

オリジンシリーズ

容量 340g~11.3kg
価格 1,263円~20,412円
タイプ ドライorフリーズドライ
タンパク質のメイン 肉or魚(チキン&ターキorサバ&ニシン)
粗タンパク質量 38.0%以上
カロリー 376~394kcal/100g
添加物 パピーのみ亜鉛を添加
酸化防止剤 なし
生産国 アメリカ
割引の有無 小売店による

2017年の夏頃にリニューアル。カロリー量はアダルトと6フィッシュで同じで、パピー向けでも376kcalあります。私が真っ先にオススメしたい高カロリードッグフードです。

文句の付けようが無いくらい完成されており、逆に何を褒めれば良いのやら・・・って感じです。あえて言うなら「価格」かな?高いですし。ジウィピークほど高くはないですけれど。

 

当然、リニューアルしたため旧シリーズは在庫限りです。リアル・ネット問わずセール中ですよー!ただし、旧シリーズは原材料に若干の違いがあることに注意

こちらなら常に5%分値引きされた価格で購入できます。

POCHI オリジンシリーズ各種購入はコチラから

アートゥーシリーズ

容量 1.5kg~10kg
価格 3,650円~13,824円
タイプ ドライのみ
タンパク質のメイン 肉or魚(ダック・チキン・サーモン&ニシン)
粗タンパク質量 31.0%~33.0%以上
カロリー 364kcal~384kcal/100g
添加物 ビタミン・ミネラル・各種アミノ酸・乳酸菌
酸化防止剤 天然素材(ローズヒップなど)
生産国 イギリス
割引の有無 小売店による

比較対象としては、上のオリジンに似ているタイプ。ちょっぴり気持ち低価格になって、お求めやすくなったドッグフードと言っていいですね。

ここでは載せていませんが、詳しい原材料に関してもポテト類が入っている以外ではオリジンと代わりありません。ここは好みですね、正直に言ってしまえば。

 

オリジンとの違いは単一タンパク質源か、それとも複数タンパク質源か、です。アレルギーが突然発症した時に、断定しやすいのがアートゥーのメリット。

初めからアレルギー対策を完璧にするのは難しいですが、将来的に発症を総指定して特定を容易にしたいなら、アートゥーシリーズのほうがオススメですね。

POCHI アートゥーシリーズ各種購入はコチラから

ペットカインドシリーズ

容量 230g~11.34kg
価格 648円~16,200円
タイプ ドライorウェット
タンパク質のメイン 肉類(ベニソン・ビーフ・ラム・バイソン・サーモン)
粗タンパク質量 29.0~32.0%以上
カロリー 360kcla~376.1kcal/100g
添加物 ビタミン&ミネラル・乳酸菌
酸化防止剤 天然素材(ミックストコフェロール)
生産国 カナダ
割引の有無 小売店による

こちらも上2つと同じくグレインフリー&グルテンフリー。商品数は5種類で、メインのタンパク質源に違いあり。主原料は草食動物の胃を使うグルメなドッグフード。

高価な部位を使っていますがコスパにも言及したために、チキンミールも使われています。あなたがミールを危険視している場合は、少し高めでもオリジンやアートゥーがオススメですね

 

紹介している4つのドッグフードの中では、最も容量の小さいものがあるのも特徴的。230gでは1週間も様子が見られないですが、お試しであればダントツでオススメの1品ですね。

POCHI ペットカインドシリーズ各種購入はコチラから

カナガン

容量 2kg
価格 3,980円
タイプ ドライorウェット
タンパク質のメイン チキン
粗タンパク質量 33.0%以上
カロリー 361.25kcal
添加物 ビタミン・ミネラル・各種アミノ酸・乳酸菌
酸化防止剤 天然素材(ミックストコフェロール)
生産国 イギリス
割引の有無 0%,5%,10%20%

他に紹介した3つのドッグフードと同じ傾向を保ちつつ、最も単価を安く抑えられるのがカナガンの特徴。一方、他の3つと比べると素材に贅沢感が無いのがデメリットでしょうか。

ホント、ギリッギリまで単価を切り詰めつつ、犬の体に良いドッグフードを作り上げましたぁ!って感じのドッグフード。泣けるくらいの企業努力の賜物です。

 

カナガンの違った魅力としては、定期購入があるので単価がさらに落とせる点。単品では0%ですが、個数、定期利用の有無で5%~20%まで変動していきます。

例えば、あなたと仲の良い愛犬家を集めて定期購入で複数購入し、お金はそれぞれが必要額を出し合う。こうすれば、一番安くなる20%の定期購入のメリットを簡単に受けられます。

カナガンの購入ページはコチラから

 

紹介した高カロリードッグフードが穀物不使用のみの 理由

なぜ穀物不使用のばかりを紹介したのか、あなたはわかったでしょうか?太るなら穀物を食べさせるのが、最も簡単に太ることが出来ます。でも、私なら絶対にしません。

理由は「健康的な太り方じゃない」からですね。穀物は栄養学上では、炭水化物に分類されます。炭水化物は、糖質と食物繊維に分けられます。この「糖質」が問題なのです。

 

糖質はいっぱい食べられて、カロリーもたくさん摂れるけど

一体、糖質の何がダメなの!?って、あなたは考えましたよね。犬に糖質を与えると、人間と同じく血糖値が急上昇。急激な血糖値の上昇は、犬の体にも大きな負荷を掛けるんですね。

症例としては、血管を傷つける膵臓を酷使するなどが良い症例ですね。これらの症状が続くと、いずれ心臓に病を抱えたり、2型の糖尿病を患うことになります。

一度病気になれば、以降は診察代、薬代を含めたら月々2,3万円くらいになるでしょう。こうなってしまった時に、あなたはどんな気持ちを抱くでしょうか?

 

高タンパク&高脂質なドッグフードは不健康な太り方をしにくい

実は、高タンパク&高脂質な食事で太ることは、限界から2歩先くらいまで食べ続けないと難しいです。むしろ、脂質は摂りすぎて余った分は、外に下痢で流れ出ちゃいます。

つまり、ある一定の体重以上は増えにくい、ということですね!これって、あなたの愛犬が小さいトイプードルだったり、シニア・超高齢犬なら凄いメリットじゃないですか?

 

とはいえ、ドッグフードを食べさせすぎて、運動をサボれば太りますよ?でも、少しくらい運度が少なくても、少しくらいドッグフードを多く食べても、太りにくい。

不健康な太り方をしやすいドッグフードと、不健康的な太り方をしないドッグフード。あなたなら、どっちが欲しいでしょうか。絶対に「不健康な太り方をしないドッグフード」でしょう。

誰だって、不健康な太り方なんてしたくありませんもんね!

 

まとめ

こうして高カロリードッグフードを紹介しつつ、紹介した商品に共通したメリットを紹介してきました。もし、あなたが健康的に体重を増やしたい。育てたい。過ごさせたい。

このように考えているのであれば、ここで紹介したドッグフードを愛犬に食べさせてあげてくださいね。

Butchトライアル