口コミ評判

モグワンドッグフードはパピーに食べさせても良いフードなのか?

モグワンはパピーにも食べさせられるドッグフードとして売られています。

しかし、飼い主側で気を付けなければいけないのが、パピーの栄養環境ですね。

本当にモグワンはパピーでも食べさせていいのでしょうか?

 

モグワンをパピーに食べさせてもいいの?

パピー時代の犬

食べさせてもOKです、問題ありません。

モグワンは全年齢に対応しているAAFCO成犬用栄養基準のドッグフードです。

モグワンのみでも、パピーにとって必要な栄養素は揃っているので、安心して与えてあげてください。

 

AAFCO成犬用栄養基準と子犬用って違うの?

カルシウムとリンの比率が成犬用よりも、子犬用のほうが多くなっている点が違いですね。

ビタミン、ミネラルに関しては、成犬も子犬用も栄養基準に変わりはありません。

 

子犬用が成犬用よりもカルシウムとリンが多い理由とは

子犬は人間よりも成長が早いため、体の発達に栄養を回す量が多いんです。

子犬で可愛い、可愛いって言っていた人の愛犬が、1年くらいしたら大きく成長していた。

こんな事例、近くで見たことってありますよね。

 

犬の1年って人間で表せば0歳→17〜18歳の急激な成長を遂げています。

数字で表してみると、改めてビックリする数値ですよね(笑)

その中で、カルシウムとリンが多い理由は「体を作る成分」だからです。

 

歯や骨って成長が止まる年齢になると、一生生えないし一生伸びません。

犬が大人になってからカルシウムとリンを増やしても、体の骨格部分は成長しないんです。

また、栄養素も吸収力があるため、下限値ギリギリでは危ない可能性がある。

 

だから、カルシウムとリンが子犬用には多く含まれているのです。

同時に、成犬用でも子犬用ドッグフードよりは少ないが、基準値より上にして設定してあるのです。

 

一方でカルシウムとリンの過剰摂取は問題も起こします。

詳しくは、コチラの2つの記事を参照してください。

犬のカルシウム不足や過剰摂取はどんな症状を発症させてしまうのか

犬にササミを毎日与える時の注意点!リン過剰摂取の危険性とは

 

結局、モグワンと子犬用フードのどっちを食べさせたらいいの?

考える人

人間の子供と同じく犬も食育が大事と言われつつあります。

食育をきちんとしていかないと、好き嫌いが増えてしまって、ドッグフードで手を焼くことになるんですね。

 

だから、食べさせるのであれば4,5ヶ月くらいから徐々にモグワンも混ぜて、食べさせてあげていくといいでしょう。

もちろん、100%モグワンに初めから切り替えてしまっても問題ありません。

 

最初からモグワンを食べさせると何が楽になるのか

君の食事はこれね!

つまり、モグワンしか食事が無いってことを始めから分からせ、ドッグフードを急に食べなくなることを防げるんです。

 

世の中には沢山の愛犬家がいるのですが、彼ら・彼女らが悩むのが「愛犬がドッグフードを食べてくれない」という悩み。

悩みを抱えた彼らは、ドッグフードを買っては捨て、買っては捨てを繰り返し、愛犬はドンドンわがままに・・・。

 

最後に行き着くのは、超高速のフードローテーションで愛犬の言いなり。

そして、愛犬は自分が飼い主よりも偉いボスだぞ、となってしまうわけです。

 

モグワンをあなたが最初から選んでいると、多くの飼い主が悩む「ドッグフードを食べてくれない」という悩みが取り除かれます。

これから、あなたは愛犬と10年以上共に過ごすに違いないでしょう。

 

人間に例えてみたら、食にうるさすぎる人と10年以上もの間、添い遂げられますか?

きっと、途中で疲れてしまって別れを切り出したくなりますよね。

これは、あなたと愛犬の関係でも同じことが言える、と言ってもいいでしょう。

 

まとめ

再度言いますが、パピーに食べさせてOKですのでデブらない程度に食べさせていきましょう!

カルシウムとリンの不足に心配があるようでしたら、5ヶ月くらいまでをパピー用ドッグフードにしておく。

 

6ヶ月目からはモグワンにしていく、というような切り替えの工夫をしていくとイイですよ。

それでも心配な場合は、粉末のサプリメント類を利用していくと、確実に不足しなくなります。

 

モグワンの購入を考えているのであれば、下のリンクから購入ページに飛ぶことが出来ます。

モグワン100円モニターに参加はコチラから

Butchトライアル