知識

ドッグフード選びでタンパク質の割合が高い物をオススメされるワケ

私達が食べるものを厳選するように、ドッグフードも食べさせたいものを厳選したいものです。しかし、その厳選の仕方が分からないという人が意外と多いです。

周りで聞いていても、何を基準にしたらいいのだろうという声を聞きました。さて、そういった悩みを持っているのであれば、犬の消化に関して目を向けて選ぶと良いでしょう。

ドッグフード選びでタンパク質の割合が高いものがオススメなワケ

結論から言えば、水分を除けば体を構成する物質として1,2番目にくるからです。(デブると脂質と逆転)タンパク質は人間のみならず、犬にも必要なものである、というのがこの表から見て取ることが出来ます。

 

タンパク質の摂取が落ちると、どうなるの?

毛並みが悪くなり、筋力が低下し、活動量も減り、免疫力の低下、代謝の悪化。こうった体に関わる全ての事に影響を及ぼしてしまいます。本当なの、と疑問に思う方もいるでしょう。しかし、これは本当のことです。

タンパク質が不足して真っ先に機能が低下するのは免疫系とも言われ、まず皮膚の感染症にかかりやすくなり、慢性の下痢や寄生虫に感染しやすくもなります。 また長期にわたってタンパク質が不足すると毛の質も悪くなり、艶がなく乾燥し傷んだ毛になります。

出典元:こなか動物病院「犬とタンパク質」より

というように、獣医師さんたちにも共通の知識として広く知れ渡っています。だから、腎臓に病気を持っていない限りは、犬にタンパク質制限を行わせるメリットは、何一つ無いと言っても過言ではありません。

 

植物性タンパク質ではダメなのか?

結論から言えば、積極的な摂取はオススメしません。厳密に言えば、摂取して消化・吸収することは犬でも可能です。しかし、犬は猫よりも雑食性が高いと言われますが元は肉食の動物です。

植物性タンパク質を摂取しても、吸収するよりも排泄までの時間のほうが早いですし、吸収効率も肉と比較しても相当落ちます。ただ、この問題を解決してくれるのがドッグフードです。

 

ドッグフードは犬にとって消化・吸収効率が高まるように作られているため、手作りをした時よりも吸収能力は高まります。ただ、含有比率としては動物性タンパク質よりも植物性タンパク質の比率は低いです。

言い換えれば、植物性タンパク質は無理をさせてまで食べさせる必要は無い、ということですね。その理由を詳しく話してくれている動物病院に勤務している方のお話が、こちらです。

外部リンク⇒こてつ動物病院フェイスブック

Sponsored Link



犬は人間の4倍のタンパク質が1日に必要

犬は体重1kg辺り4gほどのタンパク質の摂取が必要です。かなり多くのタンパク質が必要というのがわかります。人間が1日辺りのタンパク質摂取量が足らないと言われるように、犬も意識しないと難しい摂取量です。

しかし、市販の安いドッグフードでは必要なタンパク質を確保しきれません。その理由としては、安いドッグフードの多くはかさ増しを行っているからです。

 

安く大量に生産し市場に出すには、どうしても安い穀物や小麦が必要となります。穀物や小麦は大量に精製して使いますから、栄養価は元の状態と比べれば格段と落ちてしまっています。

必要なタンパク質を摂取させようとすると、今度は穀物・小麦が持つカロリーに邪魔をされ、あなたの愛犬は無意味に太ることになってしまいます。この状態が続くと、犬の糖尿病になってしまう可能性に直面します。

だから、原材料に含まれたり、原材料から穀物・小麦が2,3番目に位置しているドッグフードを食べさせるのは、止めたほうがいいのです。それが例え、市場などで高評価を得ていたとしても、ね。

Sponsored Link



そうならないためには、高タンパクで動物性食品を使っているドッグフードがオススメ

原材料の先頭にチキン、サーモン、ビーフ、などが印字されているドッグフードを選んでください。できれば原材料の使用比率なども載せてあると親切ですね。

もちろん、栄養知識があるのであれば手作り食が一番ですが、一人暮らしや家族中心の生活をしている場合は難しいのが実情です。また、手作り食は、飼い主であるあなたの好みが強く反映される傾向にあります。

 

愛犬と食事を共有できる楽しみはありますが、栄養価の面で言えば総合栄養食として位置するドッグフードに匹敵するのは難しいでしょう。だからこそ、愛犬に長生きをして欲しい。

愛犬が常に元気でいて欲しいと考えているのであれば、動物性タンパク質を豊富に含んだドッグフードを選ぶようにして下さい。手作りも捨てがたい人は、そこに添える程度に何か作ってあげましょう。

そうすれば、同じ食事を共有している喜びを得られますので、楽しく食事をすることができるでしょう。

Butchトライアル