食べ物

犬が食べられる刺身たち!与えても大丈夫か不安な人は参考にしてみてね

私たちの食生活に欠かせない食事なのが刺身ですよね。

さて、そんな刺身なのですが、犬にとってはどのような位置付けにあるのでしょうか。

 

犬に刺身は与えてもいいのか、それとも与えてはいけないのか。

そんな簡単な疑問にお答えすべく、食べられる刺身と食べられない刺身に関して。

そして、刺身で与えた場合のリスクについてもまとめてあります。

犬でも食べられる刺身とは

刺身
  • マグロ
  • 生食用サーモン
  • ブリ
  • カツオ
  • タイ
  • クジラ
  • カレイ

他にもスーパーで流通している生食用の魚たちなら、犬に与えるのは問題ありません。

 

関連記事

犬にサーモンオイルを与えた時に期待できる効果って何があるの?

 

では、犬が食べられない刺身って何?

  • イカ
  • タコ
  • 貝類
  • ウニ
  • カニ(甲殻類)

こういった魚介類は犬の消化に適さないので、与えないほうがいいでしょう。

 

ただし、カニのみは殻の中にある肉身を加熱し、アレルギー反応が無い場合は与えても問題なし

とはいえ、生魚の刺身に比べたら価格も高いため、与える機会は少ないでしょう。

Sponsored Link



犬に生魚の刺身は消化が悪い、とよく聞くけど?

実際のところ、生魚の消化が犬に悪いというのであれば、犬は生肉を食べられません。

それに、魚が犬にとって消化に悪いのであれば、ドッグフードにサーモンなんて混ぜませんよね。

 

また、さっき上で挙げた「犬が食べられる刺身」と「犬が食べられない刺身」がごちゃ混ぜになっている。

これも混乱させる原因の1つと言えるでしょう。

 

ただし、犬に生魚の刺身を与えた時のリスクは知っておくべし!

注意

私たちも時折、食あたりを引き起こす生魚。

比較的、食物による食中毒や寄生虫への耐性が強いと言われる犬でも、生魚の刺身によって食あたりになることはあります

 

他にも日数が経ってしまった刺身ですね。

流石に与えることは無いと思いますが、たまーに犬に与えちゃう人がいるんですよ。

 

とくに夏場ですね。

冷蔵庫の中とはいえ、日数が経った生魚は腐敗し、食中毒の原因になるので注意しましょう。

 

ちなみに、寄生虫に関しては流通している刺身の元は、殆どが一旦冷凍されています。

寄生虫は冷凍されると死に絶えますので、基本的に流通に出ている刺身での寄生虫の心配はありません

 

流通とは別で、海で釣った魚を捌いた物を犬に与える時は注意しましょう

あなたの周囲でもたまに耳にする「アニキサス」に、犬が感染してしまう恐れがあるからです。

もし、感染したら動物病院へ行くようにしてください。

 

犬に刺身を与えるなら冷凍⇒解凍や養殖物にすること

さっきも書きましたが、魚に宿っている寄生虫の多くは冷凍することで死滅します。

時間的には大体24時間ほどと言われていますね。

 

同じことを書きますが、スーパーに流通している柵のマグロなどであれば、寄生虫は死滅しています。

同様に養殖魚も、アニキサスに感染したエサや水の中にいなければ、基本的に感染は確認されないとされています。

 

もし、犬に刺身を与えることに不安があるのであれば、パッケージに冷凍・解凍・養殖と記されている物を選びましょう。

その上で、この記事の一番最初に書いた「犬でも食べられる刺身」に載っている魚を選ぶようにしてください。

Sponsored Link



犬と刺身に関するまとめ

食べさせるのに気を使いますが、低カロリー・高タンパク・オメガ3脂肪が豊富なのが魚の特徴。

刺身にこだわらず、焼いたり湯通しも1つの手です。

生に比べると、魚が持つ風味は落ちちゃいますけれどね。

 

とはいえ、熱を通せば食中毒・寄生虫の心配は皆無になるので、頻繁に魚を与えるなら加熱も行ってください。

その合間合間で、刺身を与えると緩急つけた食事になるので、犬も大喜びすることでしょう。

Butchトライアル