口コミ評判

スマック(ドッグフード)口コミ評判!購入は一度踏み留まって欲しい件

50周年を迎えたというスマック。昔から続いているゆえに、口コミ自体は非常に少なめです。少ないながらも評判はまずまず。ただ、そこに落とし穴があります。

落とし穴に気づかずに落ちると、そこから大変なことになるかもしれませんよ?

スマック(ドッグフード)口コミ評判

結構、好き嫌いの激しい我が家のわんこ(柴)。 それでもこれは気に入ってもらえたみたいで既存えさに混ぜたら 最初は警戒していましたが、美味しいのがわかるとガツガツ食べていましたよ。 またリピしたいと思っています♪

出典:Amazonより

美味しいみたいです、このドッグフードは好んで食べます。消化も良いのでオススメです。何よりこの6.5kgサイズがなかなか売ってないので助かります。

出典:楽天レビューより

ウチの子はスマックのすき焼き味しか食べません。他のドッグフードも、いくつか試してきました。それでも、やっぱり最後にスマックに戻ってきちゃいます。安上がりなのはいいけど、将来が心配でどうしようか悩んでいます。

 

スマックは買わなくていい

ハッキリ言えば、設計がよくわからないからです。人間と同じ味を。このような合言葉が書いてありますが、犬の本では人間向きに作られた食べ物は厳禁と明記されています。

また、犬はニオイには敏感ですが味覚はイマイチ。うま味なんてわかるかもハッキリしていません。それなのに、すき焼きエキスを入れる理由が全くわからないのです。

このような理由から、スマックを購入する意味は無いと言えるでしょう。また、他にもスマックは問題を抱えています。

 

スマックが抱えている3つの具体的な問題

  • 穀物が多すぎる
  • タンパク質・脂質が少なすぎる
  • 着色料の利用

これら3つの問題をスマックは抱えているのです。

 

なぜ穀物が多すぎるとダメなのか?

  1. 太りやすい
  2. 消化不良になりやすい
  3. 栄養が少ない

多くの飼い主さんが悩まされる肥満下痢。実は、穀物が引き起こしやすいんです。さらに、穀物の持つエネルギーは非常に太りやすい。米を食べると太る、というやつですね。

 

それなのに、お肉と栄養を比べたら穀物は低い。極めつけに、消化不良にもなりやすい。ワンちゃんたちにとって穀物は害ばっかりなんですよ。

私たちは、普段の食生活で穀物を食べ慣れているので気にしません。でも、ワンちゃんたちにとっては異物も同然なんですよね。それを、あなたは食べさせて平気でいられますか?

 

タンパク質・脂質ともに低すぎる

例えば、家族ごはんを例にしましょう。通常の家族ごはんでも、タンパク質18%以上、脂質8%以上。スマックは何かの療法食なのでしょうか?

さらに、厳しいことを言えばタンパク質18.0%以上というのは、ドッグフードの基準ギリギリ。脂質の低さと合わせると異常さを感じざる得ません。

シニア犬向けでも、もう少し脂質は高めに作られていることが多いです。ここまで低くする理由は、一体なにがあるのでしょうか。

 

着色料の利用について

不要ですよね、ハッキリ言って。あなたもネットでたくさんの画像を見ますよね。その中で、アメリカのケーキの画像って見たことありますか?

青、緑、紫、赤など色とりどりのクリームで着色されています。ちょうど、こんな下の画像です。

この画像と同じような物を、あなたの愛犬に食べさせるとしたら、あなたはどう考えるでしょうか?ワンちゃんの食事に野菜やフルーツの自然の色味以外の色を使う理由は、一体どこにあるのか。

そう考えると、やはりスマックは買わなくていい、となってしまうのです。

 

ワンちゃんが喜ぶようなドッグフードはこういうの

チキン、家禽ミール、玄米、フィッシュミール、オートミール、乾燥にんじん、乾燥ブロッコリー、ブルーベリー・・・(略)乳酸菌

上の灰色の枠の中にあるのは架空です。それでも、上の順番で書いてあるドッグフードがワンちゃんの喜ぶ食事の一例です。あなたに選んで欲しいドッグフードは、上の順番のようなものです。

つまり、お肉が一番先頭に来ているのが理想ということですね!激安のドッグフードの多くは、お肉よりも先に穀物が先に来ています。

 

あなたはお肉が大好きで、たまらないとしましょう。お肉が大好きなのに、いきなり取り上げられたら、あなたは耐えられるでしょうか?絶対に耐えられませんよね!?

それと同じことが、あなたが可愛がるワンちゃんに起きようとしているのです。それなら、ワンちゃんが喜ぶドッグフードにしてみたくはありませんか?

 

さらにワンちゃんが喜ぶドッグフードがある

それは穀物を使っていない高タンパクなドッグフードです。代わりにお肉やお魚がたっぷり。そのため、ワンちゃんたちは大喜びで穀物なしのドッグフードを食べます。

穀物なしのドッグフードの見分け方は簡単で、小麦・とうもろこし・オーツ麦・オートミールといった表記がなかればOK。

パッケージに「グレインフリー」と書いてあるドッグフードも穀物を使っていません。

 

穀物なしのドッグフードでワンちゃんに起こることとは

あなたのワンちゃん、綺麗ですね!一体、何をしているんですか?」というように、愛犬家の人から聞かれます。綺麗になる理由は、穀物が無いことによる消化不良が起きないこと。

そして、お肉やお魚の栄養をたっぷりドッグフードから摂り、良い油が体の健康に役立つからです。毛はタンパク質と油から出来ているので、良い物を摂れば良くなるといわけですね!

人間で表せばニキビ知らずのタマゴ肌!というような表現がピッタリでしょう。そんな愛犬の姿、あなたは見てみたくありませんか?

 

愛犬のことを第一に考えるあなたにオススメのドッグフード

あなたにお伝えした穀物を使わず、お肉たっぷりで良い油を使ったドッグフードが「モグワン」というドッグフードです。チキン&サーモンがメインのタンパク質。その比率はなんと50%超え

 

しかも、サーモンオイル&ココナッツオイルで毛並み・皮膚の健康維持はバッチリ。1日の食費も2食で167円!コンビニのサラダチキン1個よりも安い価格です。

経済的な負担も軽いですよね。もし、あなたのワンちゃんが食べ続けるなら定期購入をすると、10~20%の割引も受けられます。100円モニターからも気軽に参加できるので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

モグワン100円モニターに参加はコチラから

Butchトライアル