口コミ評判

スペシフィック(犬向け)の口コミ評判!高評価を信じて安易に買うと公開するよ?

療法食メインとして売り出されているドッグフードのスペシフィック。あとで触れますが、あるドッグフードのEU版とも言えるドッグフードです。

スペシフィックの口コミ評判以外にも、この記事は健康的な子に与えるべきか。という議題も載せています。病気予防に購入検討をしている人は、必ず目を通して損はありませんよ!

スペシフィック(犬向け)の口コミ評判

ロイヤルカナンと同じくらいの品質で、ネットの通販はスペシフィックのほうが安かったので購入。療法食なので、それぞれ対応の問題を抱えている子におすすめしたい。

14歳のシニア犬に与えており、衰えてきた腎臓のケアとして獣医におすすめされ購入。今のところ問題なく元気に過ごせています。

消化に難ありだったので加水分解がメインのドッグフードを選択。下痢も止まって元気に走り回っています。食いつきが悪いので他と混ぜて食べさせています。

 

口コミ評判のまとめ

悪い口コミが無い理由が、全体的に消費者に行き届いていない、知られていない。それとスペシフィックは、あとで触れる「療法食」になっているからなんですよね。

スペシフィックは、療養食を必要としている飼い主さんには好評を得ている形です。購入に関しても最初からネットより、動物病院を経由してからネットで購入派が多め。

 

だから、悪い口コミも全く見ませんし、薬との併用があるため判断を下しにくい部分があります。海外サイトにも探しに行ったりしましたが、レビュー数自体が少なめ。

口コミだけで購入の決め手にするには、非常に難しいと言わざる得ないドッグフードですね。

 

スペシフィックのおすすめポイントと気になるポイント

おすすめ 気になる
病気がちな子に選択肢が多い 時期により匂いが強まることが書いてある
動物性油脂の中身をきちんと明記 グレインフリーが無い
原材料はEU産なので安全性が高い BHA・没食子酸プロピルが入っている
フレーバー・着色料不使用 粒が大きめ

 

おすすめと気になるポイントを詳しく!

最も似ているドッグフードとなると「サイエンスダイエット」に近いですね。あちらも普通食~療法食を幅広く出していますからね。原材料なども結構似ています。

機会があったらカタログで比較してみると面白いですよ!おすすめのポイント自体は多くありません。原材料がEU産ということくらいでしょうか。

 

EUの食に関する規制は世界でも類を見ないほど厳し目。ただ、その反動で価格が高いんですよね。一方、気になる点としては犬の健康を気遣う私たちからすると気になることばかり。

EU産のドッグフードの多くは安全性に配慮する反面、コストが高くなるので原材料に妥協を強いられやすいです。それが最も反映されているのがグレインフリーが無いという部分。

 

この点だけで言えばアメリカ、オーストラリア産、さらには日本の商社が企画しているドッグフードのほうが一歩先を行っています。

また、酸化防止剤の使用も懸念点。リスクは少ないと言われていますが、研究結果で発がん性があることが報告されている物質は心理的には使って欲しくないですよね。

こういった点からして、価格のわりに残念な印象に映るドッグフードと言えます。

 

スペシフィックを選ぶならどれが一番おすすめなの?

病気を治療する時以外に、あなたがスペシフィックを購入する必要はありません。理由は、スペシフィックが療法食・半療法食になっているからです。

あなたの愛犬が健康的に過ごしているのであれば、療法食向けを食べ続ければ絶対に体調を崩します。時折、飼い主で予防のために療法食向けを食べさせる人がいますよね。

 

例えば低ナトリウム、低リン、低マグネシウム、低タンパク質。こういったのが療法食によく見られます。でも、健康的なのにこれらの栄養素を制限したらどうなるでしょうか?

確実に体調を崩してしまいますよね!病気じゃないのに偏ったミネラルにすると、骨格形成に問題が起きたり、ストルバイト結石を患う可能性が出てきてしまいます。

 

また、CID/CIWに載っている一文を抜粋してみましょう

米、トウモロコシ、卵、豚肉など消化性の高い原材料を用い、下痢、嘔吐などの消化器症状を示す犬に配慮しています。

米とトウモロコシって犬の消化に凄く悪いです。だから、間違っているんですよね。消化しやすい工夫である加水分解(分子などに細かく砕くこと)していれば別ですが・・・。

こういった事情から口コミで良い評価があっても、私としてはあなたに無理に購入して欲しいとは思っていません。

 

まとめと総合評価

  • 全体的な口コミが少ない
  • 製品コンセプトは療法食
  • 健康的な子には食べさせなくて問題ない
  • 原材料の安全性はEU加盟のデンマークなので高い
  • 酸化防止剤(BHA・没食子酸プロピル)が使われている

総合評価としては、上でも書きましたが健康的な子は食べる必要がないドッグフードです。病気になった子の一時的、または永続的な療法食でしかありません。

1,000円/1kg以上でスペシフィックを買うなら、もう500円出してプレミアムフードと言われるドッグフードの購入を想定していくのがベストな選択肢ですね。

モグワンドッグフード
Butchトライアル